ホテルヘルス(ホテヘル)の使い方

  風俗店の使い方

ホテルヘルス(ホテヘル)の使い方

利用前のエチケット

  • 爪を切りヤスリをかけておく。
  • 鼻から明らかに出てる鼻毛や乳首周りの1本だけ生えているなどのムダ毛の処理。
  • 口臭や体臭、靴のニオイなどのチェック(対策として香水をつけすぎると女の子に嫌がられるので注意)
  • 大便をした後、拭くか洗うかし、付いていないかチェック(ホテルのベッドに服を脱いで座ったらシーツや掛け布団に便が付着している人もいらっしゃるようです)
  • 風俗のお仕事は体力と神経を使うので免疫力が低下している嬢が多いです。風邪気味や、いつもと体調が少しでも違うと感じたら遊びに行くのはやめておきましょう。

価格帯

平均サービス時間

60分~120分

平均金額

15,000円~35,000円

ホテルヘルス(ホテヘル)って?

ホテヘルと略称で呼ばれる風俗の業種のひとつ。 サービスをラブホテルで行う事が最大の特徴。 店舗には受付と待合室のみが存在し、受付で指名、支払い等を済ませ 待合室で待った後に女の子と一緒にラブホテルまで向かう。 この間、恋人気分で会話を楽しむ等打ち解ける事ができるのも人気の理由。 プレイ内容には、本番は含まれず、全身リップ手コキフェラチオ素股など。

ホテヘル店舗一覧

サービスの流れ

 お店のホームページを見て受付の場所を調べて向かいましょう。場所が分からない場合は、店舗に電話するかこちらから検索してください。

店舗に入ると受付にカウンターがあるのでカウンターに並べられた写真を見て女の子を選びます。女の子を決めたらコースの時間、内容(オプションなど)を決めます。

お店によっては、コース料金以外に入会金(500円〜1,000円)、ホテル代(2,000円〜4,000円)がかかる場合もあります。

料金を支払い、受付を済ませます。写真と実物のイメージが違うという事もあるので初めのうちは、短い時間で利用する事をおすすめします。待合室に通されるまで女の子が到着するまでしばらく待ちます。

女の子の準備が整うとスタッフに呼ばれるので、そこで女の子とご対面になります。そこから一緒にプレイルームまで向かいます。プレイルームに到着すると、 女の子はお風呂の用意など準備をしますので座って待ちましょう。

女の子の準備が終わってから軽く会話をしてお風呂に一緒に入ります。

盗難などのトラブル回避の為にもなるべく一緒に行動しましょう。

基本的には女の子が体を洗ってくれるので女の子の流れに身を任せて洗ってもらいましょう。

お風呂から出たらベッドへ向かいプレイスタートです。

お店のコンセプトや女の子によってやり方は様々なので初心者の方は女の子にお任せした方が無難かもしれません。

プレイ終了の数分前に女の子が持ってきたアラーム又は携帯電話がなるので、プレイを終了しお風呂へ行きましょう。

お風呂から出て服を着たら女の子に見送られ終了です。